乾燥や腐敗から守ってくれるプロピレングリコールは愛犬に必要?

乾燥や腐敗から守ってくれるプロピレングリコールは愛犬に必要?

プロピレングリコールは無味無臭の液体です。ドッグフードには添加物として使用されています。性質として、高い保湿性を持っており、その保湿性を生かして、半生タイプのドッグフードに柔らかい食感を出すために使用されています。

ドッグフードへの使用だけでなく、ヒト用の食品、化粧品、医薬品などにも、保湿剤、乳化剤、防腐剤として使用されており、通常の使用、摂取であれば健康への影響はありません。

森くん

そんなプロピレングリコールは僕たち犬には影響ないのかな?

プロピレングリコールが犬に与える影響

プロピレングリコールにアレルギー反応を起こす犬もいるということです。一般的には通常の使用量では健康への影響はないとされていますが、添加物などに過敏に反応する犬の場合、何らかのアレルギー反応を示すことがあることに注意しましょう。

しかし、年齢を重ねた犬用のドッグフードとして、半生タイプのドッグフードの必要性はあるわけですから、過剰な心配をして愛犬の年齢に適したドッグフードを与えない方が問題だと言えるでしょう。

大量に使用した場合の発がん性、赤血球や腸への危険性が指摘されているのは確かですが、それはあくまでも、通常の使用量をはるかに超えた量を摂取した場合の話になります。健康への影響が出るのは、大量の原液を摂取した場合しか考えられませんが、そのような使用は通常ありえません。

なお、猫が摂取した場合には赤血球への影響が指摘されており、猫への使用は禁止されています。

プロピレングリコールがドッグフードに使われている理由

プロピレングリコールが半生タイプのドッグフード、犬のおやつに使われることが多いのは、保湿や防腐の効果を期待されているからです。使われている理由としてはドッグフードの水分を保って、乾燥や腐敗を防ぐ効果が目的です。

原材料名欄にはプロピレングリコール(PG)と表記されていることもあれば、添加物、防腐剤、保湿剤等の名称で表記されることもあります。

森くん

乾燥や腐敗からドッグフードを守ってくれてたんだね!

まとめ

プロピレングリコールの危険性は大きく公表されているものではありません。それよりも、使用せずに半生タイプのドッグフードの乾燥が早まったり、雑菌の繁殖を抑えられず食中毒のリスクを上げるほうが問題だと言えるでしょう。

プロピレングリコール入りのドッグフードを与えたときにアレルギー反応を起こしたときと、犬と猫の多頭飼をしている家庭では、プロピレングリコール入りのドッグフードを猫が食べないように気を付けましょう。