ソルビン酸カリウムって何?どうしてドッグフードに入っているの?

ソルビン酸カリウムって何?どうしてドッグフードに入っているの?

ドッグフードにはソルビン酸カリウムが、食品添加物として使用されることがあります。原材料名欄には「保存料」、「防腐剤」として表記されることがあります。ソルビン酸カリウムには、カビや細菌などの繁殖を抑制する作用(抗菌性)があり、食中毒の防止など、食品の保存の目的で使用されているのです。保存料を使用しないと、食品の長期保存はできず、すぐに腐ってしまいます。

ソルビン酸カリウムの危険性と主に使われている食品

ソルビン酸カリウムの危険性と主に使われている食品

もはや使用されていない食品を探す方が大変なほど、市販されている食品には一般的に使用されているのですが、亜硝酸ナトリウムと反応すると、発がん性物質を発生させる恐れも指摘されています。

たとえば、チーズ、魚肉ソーセージ、ケチャップ、味噌、ワイン、乳酸菌飲料、魚介加工品、漬物など、加工食品に幅広く使用されています。

亜硝酸ナトリウム

ソルビン酸カリウムと反応すると発がん性物質を発生させる恐れがあるという亜硝酸ナトリウムですが、これも食品添加物として使用されています。原材料名欄には「酸化防止剤」、「漂白剤」として表記されることがあります。ソルビン酸カリウムと同様に、カビや細菌などの繁殖を抑制する作用があり、食品の保存が目的です。また、肉の黒ずみを防ぎ、赤みを持続させる効果を目的として使用されることもあります。

森くん

ドッグフードではよくウェットタイプに使われているよ

なぜソルビン酸カリウムはドッグフードの原料として使われているのか?

なぜソルビン酸カリウムはドッグフードの原料として使われているのか?

ソルビン酸カリウムは、ドッグフードにも「添加物」として使用されています。カビや細菌の繁殖を抑制する効果を期待して、ドッグフードを安全に保存することを可能にするために使用されているのですね。

つまり、食中毒の防止が目的で、これが何かの栄養になることを期待しての使用ではありません。同時に、通常の使用量で毒になることもありません。

森くん

通常の使用量なら毒とは呼べないよ

ソルビン酸カリウムが与える犬への影響

ソルビン酸カリウムは、犬の体内で二酸化炭素と水に分解されます。人間の場合と同様ですが、単独では悪影響はありません。動物実験では、大量に摂取すると、発育不全や肝機能障害を起こす危険が指摘されています。ただし、ドッグフードでソルビン酸カリウムを大量に摂取することはありません。

森くん

ドッグフードは大丈夫だけど人用の食品にはドッグフードよりはいっているからあげすぎに注意!

まとめ

人間用の食品にも広く使用されているように、ソルビン酸カリウム単体での使用に危険性はありません。ですから、飼い主さんもワンちゃんも安心して大丈夫なのです。

亜硝酸ナトリウムとの併用に発がん性を指摘されていますが、どちらも通常考えられないほどの大量の摂取を前提とした危険性ですので、通常の使用量(食事量)において、飼い主さんが危険性を心配する必要はありません。

森くん

それより腐った食品から食中毒にならないようにだけ心配しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です