ドイツ産のヒューマングレードで作られているハッピードッグドッグフードは危険?口コミ評判や原材料から独自で評価してみた

ハッピードッグ

安心安全にドッグフードを食べて愛犬の健康を守っていくために、様々な世の中に出回っているドッグフードを独自に評価して皆さまにご紹介しています。

ドイツで厳選されたヒューマングレードの原材料をオリジナルレシピで作られたドッグフード「ハッピードッグドッグフード」を独自の評価もいれつつ紹介していきたいと思います。

ハッピードッグドッグフードとは?

私たち人でも食べれる原材料を地元の契約農家さんたちから直接仕入れて、ペットの健康のために作り始めたオリジナルレシピを使ってできたのがハッピードッグドッグフードになります。

トウモロコシフレークやドライミートにより愛犬たちの消化と吸収をしやすいドッグフードができ、そこからもっといい物を作っていくため品質向上をした結果、「ドイツ国内のプレミアムドッグフードNo.1」や「輸入品シェアNo.1」などに輝いているドッグフードでもあります。

森くん

ハッピードッグドッグフードを詳しくみていこう!

ハッピードッグドッグフードの評価

ハッピードッグドッグフードの気になる評価点数は…

1.8/5点です。

森くん

1.8点だったハッピードッグドッグフードの良いところと悪いところを見ていこう!

ハッピードッグドッグフードの良いところ

  • ドイツ国内の地元農家による原材料提供だから、いつでも新鮮な原材料を使用している!
  • 一部シリーズによってはグレインフリーでアレルギー持ちの子でも食べられる!
  • 無添加だから化学合成物質は入っていない!

森くん

人でも食べられる原材料だけどを入れているから、安全性が確保されているね

ハッピードッグドッグフードの悪いところ

  • 成分の粗炭水化物がかなり多いので、消化不良を起こしてしまう可能性がある
  • 消化吸収を妨げやすいビートファイバーが入っている
  • 副産物かもしれないフィッシュミールやチキンミールが入っている
  • グレインフリーではないシリーズがあるので、アレルギーを気にしてあげないといけない

森くん

アレルギーや消化不良などあるから、どの子でも食べられるドッグフードってわけじゃなさそうだね…

ハッピードッグドッグフードを使った評判口コミ

Amazonでハッピードッグドッグフードを購入された愛犬家さんたちの評判口コミになります。

良いかも?!

独特の匂いのフードです。
メインとなる素材が肉と栗と同程度。
美味しいらしく、うちの犬はすごく好きみたいですが、ウンコがカチカチになってしまい、腹痛により病院に行く羽目に…。このエサだけのせいじゃないかもしれませんが。
ここのメーカーの商品は、素材だけじゃなく保存も輸送も温度管理に気を付けているとの事でいいなと思っていたのですが、残念です。
ちなみに、ここのメーカーのご飯にはグレイン、グルテン類が含まれますが、それはここの考え方があってのことなので、それをどう思うかはオーナー次第ですね。

うちのこは、大好きです。

ゆるぎみだった排泄物がおさまり、ハッピードックだと、ご褒美のおやつがわりにもなってます。

合っているようです。

涙焼けの目立つ日本スピッツでしたが、合っているのか改善されています。

森くん

涙焼けや軟便がよく起こる子が解消できた口コミがあるねー。同じように困っている子にはもしかしたらオススメかも??

ハッピードッグドッグフードの製品情報

「ハッピードッグ」の製品情報を紹介していきます。

ハッピードッグ ドッグフード ミニピエモンテ(栗・ダック&シーフィッシュ)

ハッピードッグのパッケージ

ブランド名 ハッピードッグ
メーカー Interquell社
原産国 ドイツ
価格 2754円(税込)※Amazon価格
内容量 1kg

森くん

ハッピードッグドッグフードの原材料と成分をみていこう!

ハッピードッグドッグフード:原材料

ダックプロテイン、イタリア産栗、えんどう豆スターチ、ポルトリー脂肪、ビートファイバーフィッシュミール、加水分解レバー、ひまわり油、亜麻仁、アップルファイバー、塩化カリウム、菜種油、サッカロマイセス・セレビシエ、塩化ナトリウム、海藻、ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム、緑イ貝、イースト抽出物、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、コリン、葉酸)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)

森くん

ビートファイバーは、ビートパルプの別種なんだけど、これも消化吸収を妨げると言われているから栄養が取りにくくなっているかもね

ハッピードッグドッグフード:成分

粗たんぱく質 25.0%
粗脂肪 14.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 7.0%
粗炭水化物 42.0%
水分 9.0%
カルシウム 1.5%
リン 0.95%
ナトリウム 0.4%
マグネシウム 0.1%
カリウム 0.7%
オメガ6脂肪酸 2.50%
オメガ3脂肪酸 0.3%

※100gあたりのエネルギー353kcal

森くん

粗炭水化物の量がダントツに多いね。これ消化不良の元になりやすいから、上げる際には1回の与える量を調節した方がいいね

ハッピードッグドッグフードのこだわり

ハッピードッグドッグフードが特にこだわっている部分を紹介!

  • ドイツの原材料と自社工場で安心安全にドッグフードを作っている!
  • 人間でも食べることができる原材料を厳しく選び抜いている!
  • 化学合成物質は一切入れていない!
  • 最高品質のために厳しい検査を受けている

森くん

僕たちに高品質のドッグフードを食べてもらえるように、常に努力を続けているんだね!

ハッピードッグドッグフードの販売会社

ハッピードッグドッグフードの日本の販売会社を見てみよう!

会社名 ワールドプレミアム株式会社
本社所在地 東京都三鷹市中原1-28-23
本社電話番号 03-6382-9012
事業内容 ペットフードの輸入、卸売および販売

まとめ

原産国のドイツの原材料と自社工場で作られていることや、品質チェックなどを行い、品質が高くおいしいドッグフードとしてドイツで人気のドッグフードですね。

品質が高い証明がされてはいますが、アレルギー持ちの子や消化が苦手な子が食べれないドッグフードとなっていますので、与えることはオススメ致しません。

また原材料もミールやビートファイバー、別シリーズだと穀物(とうもろこし)だったりと愛犬に良くないと言われる原材料が入っています。

ですので、ハッピードッグドッグフードの評価点数は1.8点のDランクとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です