国産で安心安全なドッグフードの選び方とおすすめの商品3つをご紹介

国産で安心安全なドッグフードの選び方とおすすめの商品3つをご紹介

国産のものって信頼も高くて安心して食べることができますよね。

それはドッグフードにも言えることなのでしょうか?

普段食べているものもそうですが、私達消費者はネームバリューなどで決めつけてしまっていることが多々あります。

確かに日本産のものであれば、ものづくりや食品に対してすごく厳しい審査基準を設けているので、世界規模でみると品質は高い方だと思います。

ですが、これはヒト用に対しての話です。

結論からいうと、ドッグフードは国産のものより外国産のものの方が品質は高いです!理由はおすすめの国産ドッグフード3選の下に書いています。

森くん

まずは、国産ドッグフードの選び方を見ていこう!

国産ドッグフードの選び方

選び方といっても直接私達が食べるわけではありません。

してもらいたいことはこの2つです。

  • 危ない原材料や成分が入っていないかしっかりと見る
  • 販売会社の規模

森くん

他にも選ぶ要因はあるけど、この2つは絶対に見ておこう!

原材料と成分をしっかりみて判断しよう!

原材料と成分がわからない方のために簡単に説明すると、原材料はカレーという料理に入っているジャガイモやニンジン、牛肉・鶏肉といったものです。

成分は、カレーに使った原材料からとれるタンパク質やナトリウム、カルシウムといったものです。

理解できたところで、この原材料と成分がなぜ大事なのかというと、ドッグフードにはたくさんの人工物の原材料が入っている場合が多いからです。

森くん

原材料と成分を見ることは癖付けするようにしよう!

人工物や合成物がたくさん入っている国産ドッグフードは危険!

ドッグフードのほとんどの主原料は肉です。中には穀物類のものもありますが、肉が主原料ということは当然他の原材料に比べて腐りやすいです。

コスパの良いものになってくると、量が多いだけに消費するのに時間がかかってしまいます。消費期限が短いと捨てる羽目になってしまいますが、酸化防止剤などの人工保存料を使えばその起源を伸ばすことができます。

ただ、そこまで強力な薬剤を使っていまうと、ワンちゃんの内蔵にはとても負担がかかってしまいます。

人工のものが少量であればそこまで悪影響は考えられないのでできるだけたくさんの種類人工物が入っていない国産ドッグフードを選ぶことをおすすめします。

森くん

薬品で作られたドッグフードは危険だね・・・

販売会社によってはカサ増しドッグフードの可能性も・・・

どの業界にも大手は存在していてもちろんドッグフード業界にも大手企業は存在します。

大型スーパーやホームセンターのペットコーナーにいけば手に入るペディグリー愛犬元気といった格安大量のドッグフードは大手会社から販売・製造されています。

「大手の方が信頼できるのでは?」「身元も知らないドッグフードの方が怖い!」私もドッグフードというものを知る前はそうでした。

ですが、大手こそビジネスのためにやっている!と私は思ったのです。

先程の原材料を見てもそうですが、主原料が穀物のものだったり合成着色料や人工保存料を使って栄養のないものでカサ増ししている場合が多いです。

より安く作り大量に入ったものが売れることを知っているからです。そこには犬への愛情などありません。

これは余談ですが、一番いいのはモグワンのような「品質・食いつき・コスト面」多方面に優れているものが愛犬には好ましいですが、品質維持のためにスーパーや店頭には売っていません。

参考ページ:穀物不使用のモグワンドッグフードの評判と原材料を解析

森くん

カサ増しなんてひどい・・・次は良い国産ドッグフード5つを見ていこう!

おすすめできる良い国産ドッグフード3選

国産ドッグフードで原材料や価格を考慮した優良のものを3つ紹介していきます!

国産ドッグフードその1:ナチュロル

ナチュロル

ナチュロル公式サイト

ナチュロルが良い理由

  • 動物性タンパク質を使っている
  • 無添加で安心安全
  • お試し100円モニターがある

特典

  1. 全国どこでも送料無料
  2. 2回目以降17%OFF(1020円以上お得!)
  3. 最大30%OFF(18000円お得!)

原材料

新鮮牛生肉・新鮮鶏生肉・新鮮馬生肉・新鮮魚生肉、タピオカ(ベトナム産)、魚粉、紫さつまいも、チーズ、ココナッツ、りんご繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌

森くん

原材料の評価は4.4/5点だね!

国産ドッグフードその2:犬心

犬心

犬心公式サイト

犬心が良い理由

  • 無添加なので病気になりにくい強い体に
  • 専門家のサポート充実
  • 食事療法食なので病気を未然防ぐ

特典

特になし

原材料

生牛肉・生鶏肉・生馬肉、植物油、魚粉、ココナッツ、大豆、ゴマ、とうもろこし、生魚、ホエイ、玄米、大麦、さつまいも、じゃがいも、海藻、花びらだけ、冬虫夏草、オリゴ糖、ビール酵母、乳酸菌群、LPS

森くん

原材料の評価は4.2/5点だね!

国産ドッグフードその3:Drケアワン

Drケアワン

Drケアワン公式サイト

Drケアワンが良い理由

  • 穀物メインで強い体に(とうもろこし不使用※グルテンアレルギーになる可能性があるため)
  • 動物病院の院長が監修しているので保証が厚い

特典

  1. まとめ買いで最大39%OFF
  2. 30日間返金保証

原材料

大麦、玄米、ビール酵母、かつお粉末、しいたけ、黒米、赤米、大根葉、ごぼう、人参、昆布、むらさき芋、かぼちゃ、ブロッコリー、グルコサミン、コンドロイチン、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、卵殻カルシウム、ビタミンE

森くん

原材料の評価は4.0/5点だね!

国産よりも外国産ドッグフードが良い理由

ドッグフードを選ぶ上で原産国を気にして購入したことある人は一体何人いるでしょう。

なんとなく安全そうな”国産”を選ぶ人もいたり、コスパで考えて”外国産”を選んでみたりなど飼い主さんによってさまざまです。

もちろんドッグフードによって特徴があるので、一概にこのドッグフードが一番いい!ということは言えません。

ですが、ポイントを絞ってみると、「このドッグフードが良い」というのは見えてきます。

例えば、安全面や栄養面で見るならば、モグワンカナガンといった優良なドッグフードが良いでしょう。

その他でいうと、コスパですね。価格が安く量がたくさん入っているもの。

大型スーパーやホームセンターのペットコーナーにいけば手に入るペディグリー愛犬元気といった格安大量のドッグフードもあります。

ただ栄養があるということは、コストにお金をかけているので販売価格がその分高くなります。

そして、格安で大量に提供しているドッグフードは栄養面にお金をかけないため、何かの病になったりアレルギーを発症したりと健康面でのリスクがあります。

日本は”人間の”食品に対しての安全面への配慮が強いからです。多少の思い込み(日本産だから安全)もあるとは思いますが、やはり私達日本人は国産のものを選べがちです。

では愛犬に与えるドッグフードを選ぶ上では国産にこだわりますか?ほとんどの飼い主さんは「コスパ」「栄養」「安全」の3つでドッグフードを選んでいることでしょう。

先に結論を言っておくと、「日本はドッグフードに対しての衛生面や安全面をそこまで考えていない」ことがわかります。2009年に日本でも「ペットフード安全法」という健康を促進する法が制定されて国産への意識はだいぶ良いものになってはいます。

しかしながら、外国産のほうが品質は良いです。ほとんどの国は早くから品質には気を配っていて、ドッグフードの審査基準も高いです。

特にオーストラリア産やドイツ産は品質に厳しく、原材料は人間が食べれるものでないといけないみたいです。