【コスパ?安全?】おすすめできる市販ドッグフードランキング

プレミアムドッグフードを定期的に購入して愛犬の健康を守っていきたいけど、実際のところプレミアムドッグフードを定期的に購入しようとするとかなりお財布に負担がかかってしまうこともあると思います。

そこでプレミアムドッグフードの繋ぎとして市販ドッグフードを購入したり愛犬のメイン食として購入することがあるはずです。

だけど市販ドッグフードの低品質の原材料を使用していたり、危険性があったりと安く抑えて健康を維持させたい飼い主さんたちにとっては不安が残ってしまいますよね?そんな飼い主さんたちに向けて市販ドッグフードでコスパが良くて安全性も他に比べて高い市販ドッグフードをご紹介いたします。

市販ドッグフードを購入する時の注意点

実際にドッグフードを購入する時、いったいどこ見れば安全性があってコスパもいいのかをお先に紹介します。

原材料の確認

健康な状態を保ちたい、健康になって貰いたいと思っている飼い主さんに市販ドッグフードを購入する際注意して確認してもらいたいのが「原材料」ですね。

市販ドッグフードは、プレミアムドッグフードの様な高品質のドッグフードはそうそうありません。一般的に市販ドッグフードに使われている原材料の多くが、加工品のあまり物や人工添加物・消化しずらい物など愛犬たちに健康にするどころか体に負荷をかける原材料ばっかりなのです。

そのため市販ドッグフードで体に負荷の無い高品質のドッグフードを探し出すのは難しいです。そこで高品質ではないが愛犬たちの体の負荷を少しでも減らすことが重要になってきます。

もっとも注意すべき原材料を紹介します。

原材料 あぶない理由
ビートパルプ 健康になるためにはしっかりと栄養を取ることが大事なのは当たり前なのですがビートパルプが入っているドッグフードは、栄養の吸収率を下げてしまうため必要な栄養を十分に吸収できない。またビートパルプに薬剤が付着しまい薬剤による副作用の危険性もあり。
穀物類 食物繊維やビタミンなど栄養源が豊富な穀物類ですが、物によってはアレルギーの原因になってしまいます。また肥満の原因にもなりやすいので穀物類の摂り過ぎは基本あまりよくない。
ミール系(4Dミート) チキンミールやフィッシュミールなどは加工前に死んでしまった動物の肉を使ったり、病気をもった動物の肉をよく使用されています。これらは腐敗が早かったり病気を持っていたりするので、体調を崩す要因になりやすい。
動物性油脂 穀物類と同様にアレルギーの元になりやすい。酸化しやすい油なので酸化しにくいように強力な酸化防止剤を使われることがある。その酸化防止剤により発がんや腎臓などに悪影響が及ぶ可能性があります。
保存料 長期保存できるように入れられている保存料には発がん性が見つかっている物や遺伝子情報を変化させてしまう危険な物がある。
着色料 見た目を鮮やかにするために使われている着色料には「毒性」「発がん性」「嘔吐」「ADHD」などを引き起こす可能性があるため。

以上が市販ドッグフードの注意すべき原材料になります。ドッグフードの購入の際にしっかりと確認してあぶない原材料がなるべく入っていない市販のドッグフードを選びましょう。

【コスパ・安全性】まだ信頼できる市販ドッグフードランキング

スーパーやドラッグストアなどで購入できる市販ドッグフードの中で危険な原材料の使用を抑えたドッグフードをランキング形式でご紹介します。

第1位 シュプレモドッグフード Bランク

ミール系やビートパルプの2つの原材料が入ってはいますが、穀物類や保存料・着色料など他の危険な原材料は入っておりません。

市販ドッグフードの中でもっとも安全なドッグフードの一つになります。

危険な原材料 ビートパルプ、ミール系(4Dミート)
内容量 1kg~6kg
Amazon価格 1,238円~5,945円
↓↓シュプレモドッグフードの詳細を確認できます↓↓
シュプレモドッグフードは安全?評判と原材料・成分を点数で評価 シュプレモドッグフードは安全?評判と原材料・成分を点数で評価

第2位 ヒルズドッグフード Cランク

穀物と動物性油脂の2つの原材料が入ってはいますが、ビートパルプ系やミート系・保存料・着色料など他の危険な原材料は入っておりません。

危険な原材料 穀物(トウモロコシ)、動物性油脂
内容量 750g~3kg
Amazon価格 810円~1,927円
↓↓ヒルズドッグフードの詳細を確認できます↓↓
トウモロコシ入りのヒルズのドッグフードは与えすぎに注意?安全性を口コミ評判・原材料を見て評価してみた トウモロコシ入りのヒルズのドッグフードは与えすぎに注意?安全性を口コミ評判・原材料を見て評価してみた

第3位 ビタワンドッグフード Dランク

1位、2位に比べると危険な原材料がちょっと多いドッグフードですが、市販ドッグフードの中ではこれでも危険な原材料が少ないドッグフードです。

 

危険な原材料 ミール、穀物類、動物性油脂
内容量 2kg~6.5kg
Amazon価格 717円~1,503円
↓↓ヒルズドッグフードの詳細を確認できます↓↓
日本初国産のビタワンドッグフードの評判・口コミ等を独自評価!

市販ドッグフードについてのまとめ

プレミアムドッグフードの繋ぎや節約を兼ねてメイン食にするとして上記のドッグフードであれば、危険な原材料を少しでも避けて愛犬に与えてあげられるので市販ドッグフードを購入する際の参考にしてください。

ただ安心安全のドッグフードをやっぱり愛犬に与えたいということであれば、安全性の高いドッグフードを集めたランキングを公開しているのでそちらを参考にしてはいかがでしょうか?下記のバナーから見に行くことができますよ。