【ステマ?】カナガンドッグフードっていい口コミだらけだけど悪評はないのか?調べてみました。

【ステマ?】カナガンドッグフードっていい口コミだらけだけど悪評はないのか?調べてみました。

いわゆるプレミアムドッグフードと呼ばれるカナガンチキンのドッグフードについて悪評が少ないので本当に安全なのか調べてみました。

原産国 イギリス
販売元 株式会社レティシアン
容量 2kg/3960円(税抜)
カロリー 361.26kcal/100g
粗タンパク質 33.00%
脂質 17.00%
粗灰分 9.00%
粗繊維 3.50%
水分 8.50%
オメガ6脂肪酸 2.80%
オメガ3脂肪酸 0.90%
リン 1.42%
マグネシウム 0.10%
ナトリウム 0.60%
カルシウム 1.86%
カリウム 0.60%
対象年齢 生後2ヶ月後~

カナガンチキンの主原料

チキン生肉 26%,乾燥チキン 25%

鶏肉は免疫向上が期待できるセレンのほか、リン・タンパク質・ビタミンを配合。愛犬の健康管理のためには欠かせない成分を配合しています。

カモミール、クランベリー、マリーゴールド

カモミールは皮膚の維持が期待でき、愛犬にリフレッシュ効果を与えます。

サツマイモ

アレルゲンの原因になりやすいとうもろこしや小麦の代わりに最近ドッグフード業界で注目されている炭水化物源。消化器官への負担も少なく腹持ちがいいというメリットもあります。

海藻

アミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含みコンディション管理に効果が期待できます。

カナガンドッグフードの総評

カナガンは高級ドッグフードとして値段は高いのですが、その分原材料にこだわっており使用されている肉は動物性タンパク質が豊富でチキンが50%以上も配合されています。

ただし、しっかりチキンが配合されているためチキンアレルギーの愛犬に与えると危険ですので注意してください。

犬はしゃべることができないのでご飯を食べるときに痒がるなどアレルギーと思われる症状が見られる場合は愛犬のためにも、一度動物病院での受診をおすすめします。

またグレインフリー(穀物を含まない)ため消化器官が弱い大型の犬やお腹の弱い愛犬でも摂取しやすいドッグフードと言えます。

安全面でも添加物の防腐剤や酸化防腐剤を利用していないので愛犬に安心して与えられる分、長期保存や保存方法は通常のドッグフードより気をつけてあげないと愛犬がお腹を壊してしまいます。

具体的には空気に触れないようにちゃんと密閉して開封後は2ヶ月以内に与えきるといいでしょう。

また、栄養価が高いため愛犬が太ったという口コミも聞きますが、こちらについては公式サイトにもありますが、

そして上記のように一般的なドッグフードと原材料が違うため臭いの違いから普通のドッグフードに慣れた犬の食いつきが悪いという話を伺うことがあります。

ただ、これについてはあなたの愛犬次第になるので、本来はお試しサイズのものがあると助かるのですが正規代理店で購入する場合は2kgの大入りしかないところもマイナスポイントです。

またグレインフリーなため動物性タンパク質中心の栄養バランスのため、人間で例えると野菜中心から肉中心の食事に切り替える形になるため体臭が強くなったり、目ヤニが多く出るという利用者の声も実際に上がっており一概に最高のドッグフードとは言えないためネット上のいい話だけをまとめた評判だけを見て購入することはおすすめできません。

イギリスではリピート率80%を誇る人気ドッグフードのようですが、日本で同じようなリピート率を誇っているデータはないため恐らく下回っているのでしょう。

ただ、値段が高い分、高品質のドッグフードとは言えますので愛犬と合うかじっくり吟味して購入するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です