安心安全を徹底しているボッシュドッグフードは危険?口コミ評判や原材料から独自で評価してみた

安心安全にドッグフードを食べて愛犬の健康を守っていくために、様々な世の中に出回っているドッグフードを独自に評価して皆さまにご紹介しています。

愛犬家が多いドイツで生まれたのドッグフード「ボッシュドッグフード」を独自の評価もいれつつ紹介していきたいと思います。

ボッシュドッグフードとは?

ペットと一緒に暮らしている家庭が多いドイツでは、犬と一緒に暮らしているご家庭も多くペットを大事にされています。ペット(犬)を大事にしているからこそご飯もいいものにということで、原材料の由来・輸送・保管などを徹底的にこだわりをもち、安心安全に食べてもらえるように作られているのがボッシュドッグフードです。

森くん

ボッシュドッグフードを詳しくみていこう!

ボッシュドッグフードの評価

ボッシュドッグフードの気になる評価点数は…

3.6/5点です。

森くん

3.6点だったボッシュドッグフードの良いところと悪いところを見ていこう!

ボッシュドッグフードの良いところ

  • 安全性が高い安全な飼育肉を使用している
  • 有機栽培で育てられた穀物や野菜を使用している
  • 化学合成された添加物は使用していない
  • 鮮度を保つための製品管理が徹底されている
  • 厳しい国際的審査をクリアしている

森くん

安心安全への徹底ぶりがすごすぎて、感心しちゃうね!

ボッシュドッグフードの悪いところ

  • 一部原材料に危険かもしれない原材料が入っている
  • 穀物を使用しているのでグレインフリーではない

森くん

安全性が高い原材料を使用しているといっても、危険かもしれない原材料を使用ているのは結構マイナス点だね

ボッシュドッグフードを使った評判口コミ

Amazonでボッシュドッグフードを購入された愛犬家さんたちの評判口コミになります。

美味しいらしいです

尿石除去手術をした愛犬のために購入しています。食いつきは最初から凄くよく、粒を手にとっても手のひらはあまり油っぽい匂いが付きませんし、他のメーカーのに比べると気にならない程です。サクサク食べてくれます。

愛犬が喜ぶ

安心なドッグフードとして与えています。病気を防ぐにはよい食事からと思い購入しております!

ハイプレミアムシニア餌の件

我が家の愛犬 小次郎(コリー犬色ホワイト)今回の餌は食いつきもよく、又通じも良好です。

森くん

高評価の口コミが多数あって、ボッシュドッグフードを購入した方は満足されているみたいだね!

ボッシュドッグフードの製品情報

安心安全に徹底して力を入れて原産国でかなり好評のボッシュドッグフードを紹介していきます。

ボッシュ ハイプレミアムパピー ドッグフード

ブランド名 ボッシュ(bosch)
メーカー ボッシュ・ティアナールング
原産国 ドイツ
価格 4,752円(税込)
内容量 3kg

森くん

ボッシュドッグフードの原材料と成分をみていこう!

ボッシュドッグフード:原材料

鶏肉(20%以上)鶏肉粉・ライス・大麦コーン動物性脂肪ビートパルプ(カブ繊維)・卵(乾燥 )・スキムミルク・魚粉(ニシン)・肉粉(豚肉)・加水分解肉(鶏肉)・シュマルツ(乾燥)・亜麻仁 ・ビール酵母(乾燥)・魚油・ナチュラルザルツ(岩塩)・貝粉(乾燥)・塩化カリウム・チコリパウ ダー

森くん

赤文字の原材料が危険性があるとされている原材料なんだけど、安全性が高いとしてもちょっと危険性のある原材料が多いような気がするね…

ボッシュドッグフード:成分

粗タンパク質 28%
粗脂肪 17%
粗繊維 2.50%
水分 10%
粗灰分 6.50%
代謝エネルギー 16.70Mj/kg
カルシウム 1.20%
リン 0.90%
ナトリウム 0.30%
カリウム 0,50%
マグネシウム 0,10%

※100gあたりのエネルギー399kcal

森くん

成分も問題ないみたいだね

ボッシュドッグフードのこだわり

ボッシュドッグフードが特にこだわっている部分を紹介!

  • 人が食べれるレベルのお肉を使用
  • 製品の鮮度を保つために徹底した管理
  • 人工添加物は不使用
  • 無農薬の野菜や穀物だけを使用

森くん

安全性ならトップクラスを取れるほどのドッグフードに対するこだわりがあるね

ボッシュドッグフードの販売会社

ボッシュドッグフードの販売会社を見てみよう!

会社名 有限会社ベレン
本社所在地 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎5-26-1
本社電話番号 0467-32-3396
事業内容 ペットフードの輸入・販売

まとめ

安全性を考慮し原材料の管理や配達方法などかなり徹底されており、本来であればAランク相当に入るドッグフードでした。ですが、原材料の中に危険性があるとされている「穀物」「動物性油脂」「ビートパルプが入っているため、今回はBランクとなりました。

安全性の高さ本物だと思ってもらって大丈夫です。それは愛犬家の多いドイツで人気であることから証明されているといっても過言ではないですからね。

また値段も一般的な価格となっているので、コスパも悪くはありません。なのでBランクとなってしまったのはとても残念です。ドッグフードを改良する際にぜひ危険性のない原材料をより多く使用されることを期待したいですね。