ドッグフード入っているビートバルブは、原材料として良くないって本当?

ドッグフード入っているビートバルブは、原材料として良くないって本当?

ドッグフードに入っている「ビートパルプ」が、いったい何なのか?そして、愛犬に良くない原材料ではないのか?そんな疑問を解決するためにビートパルプについて紹介していきます。

そもそもビートパルプって何?

砂糖ってサトウキビだけから搾り取られていると思う方が多いかと思いますが、サトウキビ以外にも砂糖を搾り取ることができる原材料があります。それが、ビートパルプの元となっている「甜菜:てんさい」です。一般市場では「上白糖」として販売されています。
ビートパルプは、甜菜から砂糖を絞りだして残った食物繊維のことを指します。

何故ビートパルプが悪い原材料だと言われているの?

じゃあ、食物繊維を補って愛犬の健康を守ってくれるように入っているはずのビートパルプが、愛犬たちに悪い原材料だと言われているのかですね。

それは、ビートパルプができる過程にあります。ビートパルプの元になっている甜菜から砂糖を絞り出すときと、家畜飼料の食物繊維として絞り出す時の2種類の絞り出し方法があります。
時間をかけて砂糖を絞り出すときは、甜菜に圧力をかけて抽出します。
一方、手っ取り早く絞り出すときは、硫酸系の薬剤を使用して、砂糖を抽出しています。

どうやら、家畜飼料として食物繊維がほしい時に甜菜から絞り出すときは、後者の硫酸系の薬剤使用で、手っ取り早く砂糖と食物繊維を分けてできた食物繊維を使用されている物があるようです。

この、ビートパルプのできる過程で使用されている硫酸系の薬剤による悪影響が、「ビートパルプが悪い原材料」として言われるようなった理由になります。

ビートパルプによって引き起こる症状とは?

ビートパルプの入ったドッグフードを食べることによって、愛犬にいったいどのような影響が起きてしまうのか紹介していきます。

ビートパルプ影響その1:残留薬物

ビートパルプを絞り出す際に使用した硫酸系の薬剤が、少し付着したままドッグフードへ使用されてしまい、愛犬が食べることで、ドッグフードに残っていた硫酸系の薬剤の影響を受けてしまいます。

ビートパルプ影響その2:健康状態を管理しずらくなる

食物繊維であるビートパルプによって、便の通りはよくなります。健康状態を見極める際に確認方法として、便の形状や頻度などで判断する方法があると思いますが、その確認方法をするとしたいに、食物繊維であるビートパルプによって、便の通りがよくなることで、便で健康状態を確認するのが難しくなってしまうのです。

ビートパルプ影響その3:栄養が吸収しにくくなる

犬にとって、食物繊維は自らの力で消化できない栄養素のため、摂り過ぎてしまうとたんぱく質・炭水化物などの他の栄養素を吸収しずらい環境を作ってしまいます。

では何故、ビートパルプはドッグフードに入っているの?

様々な影響を受けるかもしれないビートパルプが、何故ドッグフードに入れてあるかというと、主な理由が2つあります。

それは、「かさ増し」「便の通りを良くする」の2つです。

ビートパルプでかさ増しする理由

ビートパルプは、食物繊維がとれるとはいっても他の愛犬に必要な栄養素を補うことはできないのです。それなぜ、ビートパルプでドッグフードのかさましに使われるかというと、ドッグフードの原材料となっているお肉やお魚などより、比較的に安価で使用することができるのでお金がかからずに生産が可能になるからです。

ビートパルプで便の通りを良くする理由

ビートパルプをドッグフードに入れていると上記で説明しましたが、ビートパルプには食物繊維が豊富なので、食物繊維によって腸内でうんちがまとまり易くなって固まった便になって、便秘や下痢などに良いとされているからです。

そして、ドッグフードのキャッチフレーズとして売り出すことができるので、多用されやすいのです。

ビートパルプが入っているドッグフードはどれ?

ドッグフードの中で、ビートパルプが入っているドッグフードを3つ紹介します。

ビートパルプが入っているドッグフード①

アイムスのドッグフードシリーズ

商品パッケージ

森くん

アイムスのドッグフードといえば、市販でとっても人気だよねー。でも、危ない原材料が入ってたなんてビックリ!
内容量(g) 参考価格
1.2kg 694円
2.6kg 1,241円
5kg 2,161円

原材料はこちら

肉類(チキンミール、家禽ミール)、とうもろこし、小麦、動物性油脂、乾燥ビートパルプ、家禽エキス、乾燥卵、STPP (トリポリリン酸塩)、ひまわり油、フラクトオリゴ糖、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、セレン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)
引用元:http://www.iams.jp/pdf/dog/keep-chicken-small.pdf

ビートパルプが入っているドッグフード②

ニュートロ シリーズ

商品パッケージ

森くん

栄養価が高いって人気だけど、ビートパルプ入ってるって聞くと安全性が不安になるなぁ。
内容量(g) 参考価格
2kg 2,580円
3kg 3,430円
4kg 4,195円

原材料はこちら

チキン(肉)、チキンミール、玄米、粗挽き米、米糠、鶏脂*、ラムミール、サーモンミール、タンパク加水分解物、エンドウタンパク、ひまわり油*、亜麻仁、ビートパルプ、オーツ麦、ココナッツ、チアシード、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)引用元:http://nutro.jp/products/natural/dog/puppy_chicken_rice/

ビートパルプが入っているドッグフード③

マイロイヤルカナン ミニシリーズ

商品パッケージ

森くん

動物病院のネットショップでおすすめれたことあるドッグフードだぁ。これも入っているとかショックぅ
内容量(g) 参考価格
1kg 1,955円
3kg 4,720円

原材料はこちら

家禽*ミート、米、動物性脂肪、植物性分離タンパク**、とうもろこし、ビートパルプ、加水分解動物性タンパク、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、酪酸ナトリウム、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖及びβーグルカン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、P、Na、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、A、B2、ビオチン、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
引用元:https://www.orijen.ca/ja/foods/dog-food/dry-dog-food/original/

ビートパルプについてのまとめ

ドッグフードに入っているビードパルプが悪い原材料だというのは本当だと言えますね。ただ、ビートパルプの製造方法はメーカーによって違う場合があり、ビートパルプが入っているドッグフード全てが対象になるとは言い切れません。また、食物繊維による影響がある可能性があるのでビートパルプが入っているドッグフードは避けるべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です