そのエサ死んでますよ?ドッグフードの危険な4Dミートについて

そのエサ死んでますよ?ドッグフードの危険な4Dミートについて

早速ですが、「4Dミート」という肉のランクについてなんですけど、ご存知ですか?

4Dミートと検索してここの記事にたどり着いた人ならもうすでにご存知のことと思いますが、知らない人のために簡単に説明させてもらうと、アメリカでランク付けされた肉のことです。

お察しの方は「4D」が頭文字から来ていることにうすうす気づいていると思います。

  • DISEASED
  • DYING
  • DISABLED
  • DEAD

これらの「4Dミート」の解説となぜ使われているのか?などの疑問を一つずつ解説していきたいと思います。

粗悪なドッグフードに入っている可能性が高い4Dミートを徹底解説

「DISEASED」の肉って?

病気だった動物の肉にあたります。

鳥インフルエンザを始めとした感染力のある危険な病気にかかった動物などは現在では正しい処置をされるためドッグフードに入ることはまずないでしょう。

ですが、それ以外の軽度の病気で死んだ動物などはそのまま粉砕機に紛れ込んでいる可能性があります。

集団で死んでいない限りはわざわざ病状を調べたりすることはまずないでしょう。

「DYING」の肉って?

死にかけだった動物の肉にあたります。

普通加工される前に動物は殺されできるだけ新鮮な状態でわんちゃんや私達の元にたどり着くのですが、死にかけで加工する前に死んでしまっていた肉というのは鮮度はさることながら腐るのが少し早いです。

もしドッグフードを加工する工場で死にかけの肉を仕分けをしていないのであれば、粒によっては腐っていたりします。もしくは死にかけの肉を使用していると把握している工場は酸化防止剤が大量に使われている場合があります。

「DISABLED」の肉って?

障害のあった動物の肉にあたります。

なんらかの障害があり食用に向かなかった肉のことをいいます。もちろんこのような肉は人間の食卓には並びません。

「DEAD」の肉って?

死亡した動物の肉にあたります。

先程も少し説明したように加工前から死んでいる肉というのは鮮度が悪く、体全体にその動物特有の病原菌や細菌が巡ってしまいます。冷凍保存や使う部位を選定しているのであれば問題はありませんが、大体が骨以外もしくは骨も含めて粉々にして使用している場合があります。

森くん

交通事故で死んだ動物の肉を市が業者に流していた事件もあったくらい普通に使われているんだ

なぜ4Dミートが使われているのか?

4Dミートが使われる一番の理由として、安く作れるからです。ミートミールや家畜ミールによく使われているようですが、処分するはずだった肉を使うことで本来の余計だったコストを削減しているのです。

安く作れるのでその分ドッグフードの量をカサ増しすることもできます。

森くん

タンパク質はたっぷりとれるけど一体どこの部位なんだろう…

では4Dミートのような粗悪なドッグフードを選ばないためにはどうしたらいいのでしょうか?

粗悪なドッグフードを選ばないために

4Dミートはパッケージの裏を見てわかるものではありません。なのでこのような表記には気をつけましょう。

原材料の確認

ドッグフード【原材料の確認】

まず表記されている原材料に目を通しましょう。

家畜ミールや肉副産物、ミートミールを使っているドッグフードを買わないようにしましょう。

安価で量もあるドッグフードには含まれていると考えたほうがいいです。

森くん

表記をみて書いてなかったら大丈夫だよ!

愛犬と同じ気持ちになること

愛犬と同じ気持ちになること

わんちゃんたちは出されたものを食べるしかありません。意思疎通がはっきりできて「この肉変なにおいするよ!」って教えてくれれば対処できますが、そんなことできません。

私達が普段食べるものに4Dミートが入っていたら食べませんよね。愛犬にも同じ気持ちで同じ目線で考えてあげましょう。愛犬を大事にするのはエサから始まるのです。

まとめ

「愛犬を健康に保ちたい」「長く一緒に居たい」と思っている心温かい飼い主さんには4Dミートの入ったドッグフードを使用してほしくないです。

愛犬の楽しみであるご飯が原因で体の調子が不調になってしまうことほど残酷なことはないでしょう。考えただけで心が痛いです。

4Dミートが入ってない優良なドッグフードを食べさせてあげてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です